理系-苦学部-どう生きる

理系である筆者のあるある、大学での事象、備忘録など。理系は皆苦学部。

【開封レビュー】Mi band 4、中国で買ってきたので開封レビュー

なんとまあ、嬉しいことにMi band 4を発売日に中国に渡航していた関係で現地購入できたので、早速レビュー。

使用感などは基本的にはMi band 3と同じなので、違いになりそうなところとちょっとした使用感についてお伝えします。

購入経緯

私事ですが、たまたま上海で学会発表がありまして4日間、上海におりました。 その際に訪れましたXiaomiの上海旗艦店(東方明珠電視塔の下の店)で購入してきました。

f:id:rikekugakubu:20190616122331j:plain
9時まで営業中のxiaomiの正規店

訪れた初日(12日)はまだ入荷してないとのことでしたが、14日に入荷したようで今回は3つ入手。
なお、販売にはパスポートNo.が必要だったので、ご注意を。(転売対策ですね)

f:id:rikekugakubu:20190616122327j:plain
購入にはパスポートNo.必須。番号がわかれば、同行者のものでもおk。

開封

帰国しましたので、早速開封です。

f:id:rikekugakubu:20190616123430j:plain
パッケージは大陸版のMi band3のときとほぼ一緒

パッケージに記載されている内容としては「カラータッチパネル、50m防水、通知確認、20日使用可能」といったところ。

詳細なスペックは以下の通り。

内容 詳細
名称 Mi band4
型番 XMSH07HM
接続方式 Bluetooth 5.0 BLE
バッテリー 135mAh
使用可能OS Android4.4以上、iOS9.0以上
内容物 本体、バンド、充電器、保証書兼説明書
価格 169元(2019年6月現在2650円)
内容物

f:id:rikekugakubu:20190616123322j:plain
基本的にはこれまでと同じ

内容物は基本的にこれまでと同じです。しかし、大きく違うのは充電器。

f:id:rikekugakubu:20190616123356j:plain

これまでの差し込む形状のものと比べて、端子の認識が良くなっています。これは進歩かなと思うところ。

f:id:rikekugakubu:20190616123350j:plain

それに伴い、本体の溝も深くなりました。このせいで非常にバンドと強く固定されてしまっています。 外れにくくなったからいいのか、付け替えしにくくなったから改悪なのか。ここは評価が分かれるところ。
筆者はどっちでもいいです。

起動

f:id:rikekugakubu:20190616123341j:plain

起動してみると、待っていましたカラーディスプレイ。

f:id:rikekugakubu:20190616123330j:plain

しかしその弊害として、Mi Band3でやっと見えなくなった表示部分の陰りが復活しています。
まあ、カラーディスプレイ初めてとのことで大目に見ています。ここは次回作に期待。

f:id:rikekugakubu:20190616123257j:plain

あと、Apple Watchみたいにバンドロックもかけられるみたいです。これはAliPayなどを登録できる関係もあるのでしょう。
しかし筆者はMi band3を持っていないので、これが新しい機能かどうかはわかりません。

f:id:rikekugakubu:20190616123411j:plain

腕にはめるとこんな感じ。これまでのものと変化はございません。 設定に関しても、Mi Fitアプリからさっさと行います。ココらへんは他のブログでも解説されているのでそちらをどうぞ。

参考リンク www.sysnishi.net

使用感

f:id:rikekugakubu:20190616125552j:plain
表示言語は最初は中国語

使用感については、基本的にMi band2から変わっていません。至って普通のMi bandです。

f:id:rikekugakubu:20190616132901j:plain

ホーム画面(Mi Fitではバンドディスプレイという名前)はMi fitより現在46種類から選べますが、Mi band4らしいこちらが一番かと。

f:id:rikekugakubu:20190616130245j:plain
プレイヤー管理は嬉しい

またホーム画面から、左にスライドするとすぐに音楽再生の画面に移ることができます。
音量調整はApple Watchのようにできず、表示だけとなっていますが、先送りと前戻し、スタート・ストップは問題なく可動。
真ん中のリングは曲全体の長さに比例して、描かれていく方式です。

f:id:rikekugakubu:20190616125511j:plain

また、右にスライドするとAliPayの支払い画面に。これはこれまでもありましたが、更に使いやすくなっていました。
(ただ、中国で行ってきた感じ、AlipayよりもWeChatPayのほうが圧倒的に使いやすかったです。そこは残念)

f:id:rikekugakubu:20190616123249j:plain

AliPayの端末への登録は、日本からでもなんの問題もなくできました。

今示した以外のことは、本当にこれまでのMi Band系統と何ら変わりがない感じです。正当進化という言葉他ならない。

日本語化

できません。諦めてください。
Mi band3では国内販売始まってから行けたので、日本語しかできない方はおとなしく待っておくほうがいいかもです。
まあ、international verが出たらそのromに書き換えるなりなんなりで多分日本語化もできるんじゃないですかね。

知らんけど。

英語化

多分すぐにできそうな気がしますが、まだできません。
いつものNotify & Fitness For MibandとかTools Mi Bandで接続できなかったので、今後のアップデートに期待です。

知らんけど。

上記二つは確認でき次第追記します。

国内での購入

一応、すでにAliexpressでは予約が始まっています。かなり値段釣り上げられていますが、ほしい方はこちらからでも購入可能です。 www.aliexpress.com

ちなみに、今回購入したこのMi band4、妹様に拉致られてしまったので私は自分の分を輸入しなくてはいけません...