理系-苦学部-どう生きる

理系である筆者のあるある、大学での事象、備忘録など。理系は皆苦学部。

そこらへんに落ちてたイヤホン開封。Xiaomi Piston Fresh Version レビュー

イヤホンどっか行ったから、ストックしてたこれ開けるか。

f:id:rikekugakubu:20180706223941p:plain

唐突に開封したXiaomiの3ドルイヤホン「Piston Fresh Version」のレビューです。 今回は特に意図を持って購入したわけでもなく、安いからなくしたとき用にストックで保管したものの開封です。

そのため、めちゃめちゃイヤホン通とか、オーオタの皆様には申し訳ないぐらいテケトーなレビューになりますが、 ご了承ください。管理人はイヤホンの高いものと安いものの違いがほとんどわからないような人間ですので... (わからないことも無いけど、その違いに対してお金を注ぐほどのことでもないなと感じてしまう)

ではでは、激安でまともなイヤホンの紹介です。

パッケージデザインと開封。

パッケージデザインとしては、Xiaomiのよくある感じ。商品が写ってる白パッケ。 f:id:rikekugakubu:20180706223338j:plain

側面にスペックは記載されてますね。当たり前なところを除いて書くと、カナル型・重量14 g・ケーブル長 1.25 m。 f:id:rikekugakubu:20180706223334j:plain

電力とか抵抗値が何を示しているのかは、一般人にはどーでもいいことなのでスルー。詳しくは販売詳細で書いているところがあると思います。

なんか1more designってところとコラボしているらしいですが、こちとらまともに音が聞ければいいのではい。 f:id:rikekugakubu:20180706223410j:plain

中身は本体・イヤピ・説明書兼保証書だけ。正直これ以外に何がいるのかというか、保証書とか説明書も実際いらないでしょ。 f:id:rikekugakubu:20180706223342j:plain

本体。透き通る感じでフレッシュ。

では本体を見ていきましょう。色は今回はブルーを開封しました。ええ。ブルーですよ。グリーンっぽく見えますが、日本でも青信号というような感じです。 f:id:rikekugakubu:20180706223346j:plain

一応ワンボタンコントローラとマイクがついているので、使いやすい。個人的にはこのコントローラは右左を見分ける程度にしか使っていないので、なんとも言えませんがコントロールはできていて、マイクは音を拾うので問題なし。

イヤピはホワイトできれいですね。本体色とマッチングしています。サイズはSML全サイズあるので、お好きなのを。 f:id:rikekugakubu:20180706223357j:plain

私はこのイヤピが非常につけづらいと思っているので(実はもう2つほど持っていますが、1つはさっきなくした)ウレタンのイヤピに交換。これに変えるだけで音漏れとか流入も少なくなるので非常におすすめ。 f:id:rikekugakubu:20180706223401j:plain

つけたらこんなの。ダッサ。 f:id:rikekugakubu:20180706223405j:plain

耳につけてたらわからないので、耳につけておきましょうね。

音質とか。「ぜんぜんわからん」

本当に申し訳ないんですが、音質とかそう言うたぐいは「ぜんぜんわからん」のですよ。 ジャガー先輩ぐらい「ぜんぜんわからん」のです。

世間のオーオタの人たちの評価を確認すると高音が出にくいというらしいです。きいてみたらそうなのでしょう。(SENNHEISER HD598比では確かにそう聞こえた。)

まあ、素人感覚で行くと「音が変に聞こえない」ということで聞こえているので問題ないかと。100均イヤホンよりも良いことだけはすぐに分かりました。 逆に言えば、100均イヤホンで満足しているような私のような人間にはもってこいの商品です。

結局の所、使い捨てしても特に問題ないイヤホン。

というわけでレビューというか、感想。それも最低限の。って感じのレビューでした。安い・手軽・普通に聞けるって ところですごく魅力的に感じているイヤホンです。それ以上もそれ以下も求めていません。

値段はGearbestとかで見たらわかりますが、平常時で700円ほど。たまにセールで300円とかになる時があるので、 そのときに買いだめしておくとなにかあったときに非常に良いですよ。 一応日本からでも買えます。変にパナソニックとかソニーとかのよくわからん感じのイヤホンを購入するよりも こっちのほうがまだマシに音楽聞けると感じている次第です...

というか一番感じるのはこの記事に使った画像、全部honor9でとったけどピント合わせたにもかかわらずにブレブレかボケボケだなおい。